キッズアースのサポート体制|理科実験・科学体験・数の論理・私立中学受験・地球を学ぶ野外活動 キッズアース:自然科学数理教室(横浜都筑・横浜青葉)

キッズアース

キッズアーストップページ お問い合わせ

キッズアーストップ > 保護者の声

保護者の声

キッズアースの魅力

理科の実験教室は多々ある中
キッズアースの一番の魅力は、講師陣です。

なにげない子供の質問、疑問への受け方がすばらしい。
突拍子のないことでも、きちんと受け取る。そして返してくれます。

実験に必要なものを先生が生徒たちに問いかけます。
生徒はその実験には全く関係のないものを次々とあげていきます。
それに対して、「それは、使わないよ」と否定するのではなく、
「おもしろいね、それを使ったら、どうなるだろう?
 どうやって、使ったらいいのだろう?」と受け止めてくれます。
そこで、生徒は、自分の案は否定されなかった。
でも、一緒に考えてみたら、使える物ではなかったと初めて気付くのです。
否定からは反発しか生まれません。
肯定が次へのステップです。

キッズアースの先生は、子供たちを認め、楽しくもりあげながら授業を行ってくださいます。

(1年生)

キッズアースに通って子供が成長した、変わったなと思うこと

実験ノートを書くことによって「記述する力」がつきました。
学校で、グループで話し合い何か決めることが多いのですが娘が筆記をしています。

  • 何を作るか
  • 何が必要か
  • どうやって作るか
  • 完成図

などを
ノートにまとめて書いています。

これは、何度も繰り返して実験ノートを書いている結果だと思います。

身の回りの不思議をみつけるようになりました。
いままでは、スルーしてしまっていた、現象、事象に目をとめて
「どうして?」という気持ちをもって聞いてきます。
「こうしたら、どうなる? 」
「どうやったら、 こうなる?」
実験をしているので、原因と結果に興味をもっているようです。

(3年生)

通わせてよかった・うれしかったと思うこと

小1の時から通室しています。
親からみて理科の実験のようなことが好きそうに思えたので、いい経験になると考えて入室しました。
各学年の理解度にあった題材で実験をやって下さるので毎回楽しくやっているようです。
記録をノートにきちんと残すという作業も授業の時間内にやります。
ただ楽しかっただけでなく、今日はこんなことを実験したけど、こんなことがわかったねなど、実験の意義を理解するうえで大事なことだと思います。
「勉強する」のではなく「学ぶ」という意味でとても良い時間を与えていただいていると思います。

(2年生)


生き物の観察や実験など実際に自分の目の前でいろいろなことができるので、とても楽しんでいるようです。
なかなか家庭では教えられないようなことを実験できるので、遊びながら学べるところが良いと思います。
まだ小学校入学前ですが,観察したり,疑問に思ったり,考えたりする力が通う前よりついたように思います。

(年長)

ロジカルPLUSについて

ロジカルPlusの問題は多種多方面から出題されます。

簡単な問題は、記述
難しい問題は、自分で根気強く考える力
ひねった問題は、色々な角度から考える力、ひらめき を求められます。

家庭学習でも、子供と一緒に
ロジカルマスで出題されるような問題を解いたりするのですが、
子供は面倒がったり、途中であきらめてしまったりして、
ゴールに到達するのはなかなか難しいです。
やはり家庭では甘えが出てしまうのでしょう。

お友達と一緒に考える場。
甘えられない場。
そして、何よりも、回答を教えるのではなく
回答に導くための考え方を丁寧に教えてくださる先生がすぐ近くにいる。
その中で授業を受けるということが、子供には一番の環境だと思います。

ロジカルマスを受け始めて8ヶ月になりますが、
子供は、順序立てて説明をするのが、上手になりました。

(1年生)


数字やパズルが好きな子供にはお勧めします。
課題を解いていくのですが、やり方ではなく、考え方を教えてくれます。
学校の算数ではあまり見ませんが、問題の解答を式や計算ではなく、記述で答えることもします。
文章にするのはなかなか難しいと思いますが、楽しそうにやっています。
ちょっと背伸びをした課題にチャレンジしているときはいつにない集中力を発揮してやっている姿をみるとびっくりします。

(2年生)

アースユニットについて

事前に説明会があり、内容をみると、親も参加したくなる興味深いものです。
目的を持ってその場所に行き、観察や採集などをするのはいい体験になります。
キャンプ中、学習面だけでなく、生活面もきちんとみていただけるので低学年でも安心して送りだせました。

(1年生)

↑ページの
先頭に戻る