アースユニット 野外活動[小・中学生対象]|理科実験・科学体験・数の論理・私立中学受験・地球を学ぶ野外活動 キッズアース:自然科学数理教室(横浜都筑・横浜青葉)

キッズアース

キッズアーストップページ お問い合わせ

キッズアーストップ > アースユニット 野外活動[小・中学生対象]

アースユニット 野外活動[小・中学生対象]

机上の学習では難しい分野を実際のフィールドにて学習します。
アースユニットは野外活動にとどまらず、現地で調査し・感じたこと・発見したことを整理し、文章や図表などに記述した後にプレゼンテーションにて表現活動を行います。

主体的に取り組み、自分なりの表現を行います。
五感をフルに使い、体を動かし、時には額に汗を流した自分自身の努力とともに得た知識や記憶は、達成感とともに一生記憶の中に残っていくでしょう。

1:アースユニット 3つのビジョン

アースユニットでは以下の3つの視点からプログラムを作成しています。

  1. 視野を「世界」へと広げ、「今住む地域」との関連を見出す。
  2. 考え方を論理的に記述(レポート)し、説明・発表(プレゼン)する。
  3. 友だちとの関わりや、大きな目標を到達する経験を通して「人間的成長」を促す。

「1」を達成するために、世界を走る最先端の研究を行う大学教授や専門家との連携をとっています。
また、それを身近な例に落とし込むプログラムを作成しています。

「2」は理科実験教室やロジカルPlusなどの通常期の授業の延長にあります。 しかし、調査対象は教室内に比べ、ずっと壮大です。
また、調査内容のプレゼンテーションをみんなの前で行います。
スケールの大きさが違います。

「3」は1〜4日間という長い時間を実習にかけられたり、友達や先生と過ごすことができるからこそ、この短期間でも大きな成長を期待することができます。

2:実施実績

  • 三浦半島:城ケ島-地層の調査と花火作り(協力:国立大学法人 横浜国立大学地質学研究所 教授)
  • 北海道:北海道大学での講義,旭山動物園,化石採集(協力:北海道大学)
  • 南アルプス 伊奈ヶ湖-野生動物の生態系調査、天体観測 (協力:山梨県立森林科学館,環境省環境カウンセラー)
  • 富士山周辺 青木ヶ原樹海,東京大学演習林-人工林と自然林(協力:東京大学演習林)
  • 沖縄:サンゴの実地調査とマングローブ(協力:琉球大学)
  • など多数

    >>アースユニットブログ

南アルプス実施レポート

ユニットテーマ:南アルプスの「生態系」

実施レポート:1日目
08:00 集合  
08:30 出発 ワクワクドキドキの中の集合です。
11:50 昼食 お昼は友達との楽しい時間です。
13:00 プログラム
南アルプス生態調査(1)
〜動物を探せ〜
専門家から直接アドバイスをもらいます。

データ集計中です。


森の中へ入っていきます。

13:30 プログラム
南アルプス生態調査(2)
〜フィールドサイン〜
14:30 プログラム
南アルプス生態調査(3)
〜動物のくらし〜
15:50 プログラム
ノートまとめ
集めたサンプル・データをもとにレポートを作成
18:00 夕食 先生や友達との充実した時間です。
19:00 プログラム
天体観測〜星の色〜
 
20:00 入浴・自由時間  
21:00 荷物の整理・就寝準備  
22:00 就寝  
実施レポート:2日目
06:30 起床・部屋の掃除・帰りの身支度  
08:00 朝食  
08:40 プログラム
パネルプレゼン
プレゼン練習
プレゼンテーション
互いのレポートを見せ合うパネルプレゼンです。

姿勢や声の大きさなどを練習します。


緊張の本番です。

12:00 昼食  
13:00 移動  
13:30 プログラム
果物採集〜ぶどうの採集〜
盆地、扇状地、果樹園についての学習をしながらブドウ採集をしています。
おいしい理由が分かります。
14:10 移動  
17:00 到着・解散  

↑ページの
先頭に戻る